全粒粉のこと

①全粒粉(Whole Wheat Flour)

 

Image result for whole wheat flour

 

全粒粉とは、小麦の表皮や胚乳、胚芽をつけたままの状態で加工して作られた小麦粉のことで色は茶褐色を帯びています。

全粒粉は、小麦粉よりもグルテンが少ないとされますが、ビタミンやミネラルなどの栄養価は白い小麦粉の3倍も含まれています。

 

 

②ふすま(Bran)

 

Is Wheat Bran Good For You? | Bob's Red Mill

 

小麦ふすまとは、コムギの胚乳(はいにゅう)部が小麦粉として利用され、残りの外皮(種皮と糊粉(こふん)層)、胚芽のうち、胚芽を取り除いた部分がふすまとよばれます。諸外国ではこの硬い表皮の部分を「ブラン(Bran)」と呼ぶため、小麦ふすま=小麦ブランとも呼ばれています。栄養価も高く、近年健康食品として注目されています。

 

 

③グラハム粉(Graham flour)

 

graham flour

 

小麦を胚乳部分と表皮部分(胚芽も含む)に分けて、胚乳は普通の小麦粉と同じ細かさで挽き、表皮部分は粗挽きにして、その後両者を混ぜあわせたものです。全粒粉みたいなものですが、その粗さが異なり、全粒粉よりもずっとザラザラしています。その名前は、1829年にシルベスター・グラハム氏(Sylvester Graham, 1794-1851)がこの小麦粉を発明したことに由来します。