パン屋を開業☆独立10周年を目前にして

こんにちは。

私は兵庫県姫路市でパン屋をしています。 

              

2010年にオープンし、なんと!令和2年4月16日で満10年を迎えます!

 

この記念すべき年をもうすぐ迎えられるっ!٩( ‘ω’ )و

 

オープン当時、右も左も分からず、二人でほぼDIYで始めたお店は10坪にも満たない小さなベーカリー。

 

   10年持ったらいいな(^^;)

 

 

 

そう言って始めたお店はこの10年でなんと去年3店鋪めのカフェをオープンし、6年目には法人にもなりました。

 

10坪にも満たなかったパン屋は隣りの古い民家を改装し、当時1坪しかなっか売り場は大きくなり、イートインスペースも増設。

 

お店が大きくなると共に、私たちも成長して来ました。

 

 

そんな満10年がもう目前となった時、

 

11年目を迎えるにあたって、私は何ができるだろう?

    

今の自分が10年前の自分に会えたら伝えてあげたいことがたくさんあるな。

 

これから15年、20年と積み重ねていく上で、忘れてはいけないものがこの10年にはたくさんあったな。

 

    そう思った時、

 

           『ブログを書こう!』

 

                    そう思い立ちました。

 

 

とは言え、この10年パンばかりひたすら作って来たパソコン音痴なこの私、、、

 

    ブログってどうやってやるの?( ;∀;)

 

    文章ってどうやって書くの?(//∇//)

 

        いや!それを私の11年目からの目標にしよう!

 

  そう思わせてくれたのは、何よりうちのスタッフたちでした。

 

 

 

今現在従業員は30名ほど居ますが、製造スタッフは内下半数です。

 

しかし、年齢層の幅は広く過去には16歳から60歳を超える方までいました。

 

 

ある40台後半の主婦の方は、『娘にパン屋になると約束してここに来ました。』と言って現在も働いています

 

ある60代の男性の方は『がんになり闘病生活を送っていましたが、病気を克服し、今から小さくていい、自分の店をやりたいんです。』そう言ってうちに来られました。

 

( *`ω´)夢を持っている人のパワーは強い!

私はそう感じ、その人たちから凄くパワーをもらっています。

 

この60代の男性はその後離職されましたが、数年後ご自分のパン屋を開いたと風の便りに聞きました。

 

 私がパン業界に入った頃の話- パン屋は朝がめちゃくちゃ早い?! - 

 

私 は25歳の時、パンの世界に入りました。

 

その頃の私は調理師として働いていましたが、パンの経験が全く無く、ことごとく個人有名店、ホテル、全てのベーカリーに断られてしまいました。

 

 

やっぱりもう25歳にもなるから、遅いのかな?、、、それで未経験だし、、、。

 

 

あの時の自分に言いたい!

 

人生に遅すぎるなんてない! 夢を持っているなら諦めるな! 25歳なんか若すぎるくらいだ!

 

        そう、あの頃の私は凄く焦っていました。

 

その後、なんとか某有名百貨店の大手ベーカリーにパートとして雇って頂き、パン職人としての道をスタートすることが出来ました。

 

それからは、また過酷なものでしたが、、、

 

超早朝(深夜?)出勤、長時間労働、パワハラ、、、全部上げると嫌になりますね(T . T)

 

そう!その昔は修行僧の仕事でしたから。。。

 

 

その当時、私は午前3時出勤でした。(>人<;)

早い人は午前1時半の人もいました。繁忙期は0時です。

 

そう!パン屋は決して楽な商売では無いです!断言できます!

 

でも、逆に世の中に楽な商売なんてあるでしょうか?

 

私は無いと思います。

 

無いというよりは、それを求めている人には私の話は伝わらないでしょう。

 

私はこの10年で苦しい、しんどい中にある経験が自分を少しずつ楽にしてくれるという事を学びました。

 

例えば、当時私は午前3時出勤でした。

12時までの8時間労働でしたが、やはり人間も動物です。

日の出と日の入りに逆らって生活するのは相当辛いものでした。

 

ですが、今、私たちのお店は一番早くて午前7時出勤です。

 

『やっぱりちょっと早いな。』

 

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、近所の小学生の子供達でも早ければもう7時過ぎには登校しています。

 

『えっ、そんなんで大丈夫なの?』

 

はい、私たちは朝7時からしか働いていません。

 

朝7時から夕方に帰れれば、悪くない勤務時間帯だと思いませんか?

 

大好きなパンをやりながら。

 

 

ちゃんと方法を知っていれば成り立つのです。

 

私も開業当時は、今までに教わった通りのやり方しか知りませんでした。

 

でも少しずつ自分たちで楽になれる方法を見出していったのです。

 

それは誰かに教えてもらえるものでは無く、自分たちの身を削って培っていくものでした。

 

しかし、今の自分があの頃の自分のそばに居てあげられたなら、出来る助言があるんじゃないか?

 

そう思った時、『もちろん過去に戻って昔の自分には会えない。でも何かの手段を通じてあの頃の自分と同じ心境のもっとたくさんの人と分かち合えるものがあるかもしれない。そう、うちに働きに来てくれるスタッフたちのような人に。』

 

 

 私のブログに対する思い

 

自分はこの10年間の事を忘れないでいられるだろうか?

 

今まで作ったパンのレシピ、あの時のスタッフと一緒に頑張った事、トラブルの切り抜け方、あの時思っていた事、、、

 

自分が成長し、ストレスに慣れていく事で、反面、忘れて言ってしまうこともたくさんあると思います。

 

そんな自分の初心を忘れず、またこの先も起こりるであろういろんな出来事を記録しておきたい。

 

そう思いました。

 

私は本当にこの仕事が好きです。

 

パンをずっと作り続けていたい。